渋谷は渋谷のナンパがある


どうも、こんにちは、マシーンです。

本日は撮影をしよう!と思って渋谷に行きました、

撮影してくれるのはWさん、いつもお世話になってる方です。

 

Wさん本当に面白いんですよ、自分と真反対な人間で。

「いくらナンパしてても僕たちが女子を選んでるんじゃなくて、女子に選ばれているんだなと思うんですよね」と、かなり現実志向の方です。

しかも、会話がいちいち飛びます、

 

男って一つの話題を広げたいじゃないですか、それなのにWさんは

「自分甘いもの好きなんですよね」と言っていたと思ったら、

「あー、たこ焼き食べたい」と言い出したり、

そのあとすぐに「僕思うんですけど~~~~~~~」とナンパを熱く語りだしたり、

 

ほんと女子みたいな人です。

見た目は人間にものすごく近いゴリラなんですけど、

 

 

嘘ですwwすみません。

 

以前Wさんとオナ禁をしていたんですけど、なんかすぐにオ〇ニーしちゃうんですよね。

気づくとチンコ触ってしまうらしいです、ほんと動物ですww

 

僕が「Wさんにはオナ禁無理ですねww」と茶化すと、

「いや、僕ちゃんとモードにはいれば大丈夫なんですよ!」とWさん。

 

そんな説得力のない会話をされてもww、

 

「大丈夫!大丈夫!」とか言って、何回もオナ禁失敗してますからねwww、どうせ1週間後には射精してると思いますww

 

しかもこの方僕がトイレに行く度に、ウンコするんですよww

合計3回ぐらいしてましたね、ウンコ。3時間ぐらいしか一緒にいなかったのに、

彼の人生の7%ぐらいウンコしてると考えたらめっちゃ面白くなりましたwwww

 

そんなWさん、ツイッターもやってるので見てください。

 

Wさんの話題長すぎましたねww、では本題に入ります!

 

渋谷むず過ぎw

 

この一言に尽きますね、

意気込んで話しかけにいったら、6連続でシカトされて心が普通に折れました。

こんな街だっけ、」そんな印象です、しかも昼間の3時ですからショック大きすぎです。

 

正直頭来たんで、やけくそになってめっちゃ大きな声で話しかけたり、ジャンプしながら声かけたら意外と反応が取れる。

いやそりゃ意外性は大事ですけど、、

 

「渋谷は変態的な声掛けのほうがいいのかも」と思いました。

正直この感覚忘れてましたね、ここ半年ぐらい真面目にこの町でナンパしてなかったんで、

僕は表参道のぬるま湯につかり過ぎたかもしれません。

 

今日行ってみて思ったのは、2点。

  • 超意外性のある声掛けをするか
  • めっちゃ下からへりくだってナンパするか

のどちらかだと、

ナンパ師としては前者を目指したいものです。

 

一番ダメなのは、普通な声掛け「こんにちは」「こんばんは」「すみません」このあたりですかね。

これを発した瞬間に気持ちのシャッターが閉められる気がします。

もし使うんだとしても、表情が必ず曇るのでそのマイナスのリアクションを利用した、強めのツッコミが必要かと。

こんにちは、なにそんな嫌な顔するんですかww、」的なやつですかね、正解は知らないですけど。

 

そうしないと数あてゲームになりますね、この街では。

 

声掛けの最初の目的は反応をとることです、とりあえず反応さえとれれば何でもいいと思います。

下から「すみません、ホントすみません、申し訳ないんですけどホントに一個だけいいですか?」みたいなやつか、ゴリラのモノマネをするかww

ちなみにWさんはゴリラのモノマネをしながら、「すいません、すいません」と下からいってます。

 

ごめんなさい、Wさんいじりすぎましたww

 

とにかくまだわからないことがたくさんあるので、しばらくは渋谷に行こうと思います!検証しなくちゃいけないですし、

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

Related Post


シェアすると明日、超絶美女から逆ナンされますよwwww


- ナンパ関連の情報を発信中★ - 僕のセカンドチャンネルも見てね!


マシーンの人生物語






速読2分で読める僕の人生物語です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ナンパに命をかけてる大学生。 高校時代は友達が全くいなく辛い日々を過ごしましたが、ナンパをして ・コミュ力アップ ・女性というコンプレックスからの解放 ・誰とでも仲良くなれる対人能力 ・人生いけるぜ!という主人公感 を獲得しました。ナンパの素晴らしさや辛さ、大変さを包み隠さず日々ブログに更新してます。 ナンパは最高の自己啓発!