ぶっとび物語

あなたの人生100点満点におもしろいですか?

どうも、僕です。ぶっとび系ナンパ師マシーンと申します。

日々ボクの得意なナンパをブログやツイッターを通じて皆さんにお伝えしています。

 

ふつうは”ぶっとび”と聞くと、

  • 「なんか変なことするのかな」
  • 「あたまおかしいのかな」

と思われがちですが、僕の場合は違います。

 

人生の主人公となる、社会の常識を破壊する

 

って意味。

つまりぶっとび力をめちゃめちゃ伸ばしていくことで、自分の人生を大きく変え周りや世界に大きなインパクトを残せる人間となることは必然、当たり前だと信じている次第です。

 

でそんな僕があなたにまずお聞きしたいのは

「あなたの人生100点満点におもしろいですか?」

ということです。

 

「なんやこいつめちゃくちゃ失礼だな」

と思われたかもしれませんがwそういう意味ではありません。

 

日本において自分のやりたいことをすればするほど干される。常に人と同じことを求められる社会だと思うんです。

だからちょっと人と違うことをするだけで懐疑な目で見られて、不安になって悩んで結局何もできない。

そんな社会にめちゃめちゃ僕自身悩まされてきました。暇さえあれば死にかけてましたからw

 

日本社会の常識、ぶっとんだらおわりの人生

日本社会

日本社会

 

日本ってちょっとでも社会の常識から抜けようもんなら、必死でそれを阻止しようとしてきますよね。

 

実際、「会社辞めようかな~」と言おうもんなら友人や家族から

「会社辞めて生活できんの?」

「そんなことすんなよ!失敗したらどうすんだよ」

「会社にいたら家族もできるし、好きなものも食べれるからやめとけよ」

と鬼のような反対を食らうわけです。

誰一人、「お、面白そうじゃん!がんばんな」「いいね!俺は応援するよ!」なんぞ一言も言ってくれないわけですね。

 

そんな社会で育ってきたあなたからすればストリートナンパなんぞ、社会のレールから思いっきり脱線する行為なわけです。

そりゃ地蔵もしますわねwわかります、すごいw

知らない人に声かけるなんてホント頭のおかしいことですもの。

 

こんな社会で暮らしていれば

  • なんか面白くない
  • ナンパなんてできないわ、、
  • 声かけることはおろか、女性と接点持つのもムズイ
  • そんな行動する勇気もないわ

こんな悩みに襲われるわけです。

それは別にあなたが悪いわけじゃなく、日本社会がそういう社会なので仕方がないことです。

僕自身もそれで鬼のように悩まされましたからねw

 

ではどうすればいいのか?

どうすればいいのかな?

どうすればいいのかな?

そんなこと言っても、僕自身なんもわからず悩んで悩んで悩みまくりました。

「こんな社会でどうやって僕が望む人生を送れるんだ」

と思ったぼくはそんな社会から解放されて自由に生き、人生をよくして周りの人々に勇気と元気を与える、ぶっとぶために必要な武器

 

 

己の人生にすべての責任をもつマインドセット

周りの人の人生を大きく変えるコミュ力

 

この2つをストリートナンパで手に入れることから始めさせられました。

 

そして現在は今僕の武器であるナンパを通じて、同じような理念を持つ仲間や同志とともに人生と世界を大きく変えていこう!っていう活動やコンサルをさせていただいてます。

その結果、自分は活き活きしてるし周りもめっちゃ元気!ぶっとびループに入っている所存ですw

 

とはいっても、

「マシーンだからできたんじゃないか?」

と思われたかもしれませんが、それはものの2秒で否定させていただきます。

 

こんな毎日鬼充実している僕でも、ナンパを始める前は最高最悪ブラックホールより暗くて深い青年時代を過ごしていましたからw

  • 自分の実力を全く発揮できない
  • 毎日が同じ、まったく希望を見いだせない
  • 女性と目を見て話せない
  • 人とうまく絡めない
  • 人の目が気になりすぎる
  • 結局鬼のような無口になる
  • 人と絡まないから人生くそつまらないのループ

 

少年時代は誰でも、多かれ少なかれ悩みは持つものだと思いますが、僕自身小さい頃の悩みに関しては、誰一人負ける気がしないことをここに宣言させていただきますw

 

HEROとは程遠い、暗黒世界をさまよった青年時代

ブラックホール

ブラックホール

とはいうものの、小・中はめちゃくちゃぶっとんでいて、友達も多く勉強もでき運動もできたのでクラスの人気者でした。

変な常識とか一切とらわれず、周りの人に「めっちゃおもしろい!」と言われるたびに調子に乗りまくってましたねw

 

それが高校に入った途端、みんな一ミリも知らない人、謎に学校が意識高いから校則がめっちゃ厳しい、かつ少年時代特有のつまらないプライドのせいで全くぶっとべなくなり

常に心臓がバクバクの健康状態+対人恐怖症になりました。

具体例を挙げると

  • 高校3年生まで友達0、常に一人飯、一人にしてほしいのにクラスメイトが僕のことをちょくちょく気を遣って話しかけてくることで、さらにメンタルにダメージを負う。
  • 友達と話しているだけで先生がいじめの心配をして、授業中職員室で事情聴取される。
  • 同じ部活動のかわいい女子をデートに誘うも、遊ばれクラスメイトにばらされ深く傷つく。それ以降、ロリ系カワイイ系が嫌いになるw
  • 好きな女の子に告白する勇気が出ず、クラスメイトの子に僕の気持ちを代わりに伝えてもらう作戦を考えつくも、その女の子に話しかける勇気が出ず学校卒業
  • 人と目を合わせたくないので常に下を向く、誰とも話さない生活を続けた結果家族ともまともに話せなくなる
  • 学校の文化祭や体育祭があるときは、ひたすらトイレでスマホゲームをして時間を過ごす

一応これはほんの一部であることをお伝えしておきます。

 

小・中クラスの人気者から鬼のような陰キャになった落差がすごすぎて、プライドずたぼろ、人生最悪のどん底を味わったのです。

そのため高校時代は暇さえあれば部活動に勤しむ毎日でした、そこしか僕のユートピアはなかったからですw

あまりにも学校生活が苦痛すぎて、常に「早く終われー」「いつまで続くんだよ」と時間を敵視するようなことばかり考えておりました。

こんなのくそつまらない人生に決まってますよねw

 

大学デビューをもくろむ

大学デビュー

大学デビュー

そんな最低最悪、闇しか抱えてない僕でも大学進学は来るわけです。

母親から「ここ行きなさいよ~」と言われた大学に入学、箔のある大学に家族は満足していたかもしれませんが僕からすれば

「自分で大学一つ決める勇気さえないんかい」

と卑屈になることこの上なしだったわけです。

 

しかし、そんな闇を抱えていたとしてもそれは過去の話。僕の高校時代を知る友人は一人もおりません。

「これは自分の人生変える最大のチャンスに違いない」

というわけで、よくある大学デビューをもくろむわけです。

 

「高校時代にむちゃくちゃになったから、小・中みたいにめちゃめちゃいろんなことして好きなことしていたら、ちょっとは変わるんじゃないか?」と考えた僕は、様々な物事にトライします。

  • 読書
  • インターン
  • 英語の勉強
  • 人に会う
  • NLPの勉強会
  • バイト三昧
  • 部活動
  • 学校の奴に話しかける

 

これら全部すべてぼくの想像とは違いました、「何求めてんだよw」と聞かれれば「わかりませんw」と答えるであろう当時の僕ですが、なんか面白くなかったのです。

 

「えっ俺ってこのまま就活して、働いて、女性と出会って結婚してマイホームもって、、、終わりw?ぜったいやだわw」

そんな時に出会ったのがストリートナンパでした。

 

授業は午前中に全て押し込み、1日8時間ナンパする

ナンパ

ナンパ

当時の僕は大学2年生、授業もそれなりにありますが全てそれらは午前中に押し込み、ナンパ漬けの生活を送るようになりましたw

その理由も”ナンパ”という行為にものすごい新鮮味を感じていたからです。

 

常識から考えて知らない女性に声をかけるというのは

  • 周りのひとからみれば頭がおかしい故メンタルにものすごい負荷がかかる
  • お互いに全く知らない、学生のため何一つ武器を持たない、ふつうに見下されている状態から仲良くなるには相当なコミュ力が要求される

 

ため当時の僕は

「うわめっちゃ面白そうwこんなワクワクすることやりたかったんだよwこんなの人生面白くなるに決まってるじゃんw」

となんとなくながらw確信のようなものを感じてましたw

 

高校時代のロリ系女子から生まれた深刻な女性コンプレックス、人間関係による精神的ダメージ、鬼のような無口、こんな状態でしたのでそれらを一気に解決できるストリートナンパを選んだわけです。

友達0の高校時代を過ごした僕ですからね、ストリートナンパなんぞ愚の骨頂w

 

しかし、当時のぼくはストリートナンパに恐るべき可能性を感じていたため、全てのリソースを投下。

毎日14時から22時までナンパ、新聞配達でためた70万の資金をナンパ資金に当てるまさにナンパ漬けの日々を過ごすことになります。

 

しかし、現実はそんな甘くはありませんでした。

  • 毎日出るも、鬼のような地蔵にあい、ナチュラルローソンでしゃおろんさんとガーデンさんのメルマガを読む
  • 今まで人生で話したこともない美女とまともな会話ができずひどく落ち込む
  • スカウトに自分のナンパをバカにされ、反論もできず情けない気持ちになる
  • 女子から暴言・悪口を言われるたびに本屋に逃げ込む
  • 体重90キロ、眼鏡面、服はユニクロのオシャレ感0、ダサい男すぎて女子とちゃんと会話してもらえない
  • 200人に声かけて「おっしゃ!一人と番号交換したぜ!」と思うも、もれなく死番
  • 初番ゲまで2週間、初連れ出しまで2カ月、初即まで5カ月かかる

 

一ミリも結果が出ない、ガンシカくそされて、暴言吐かれる日々が続いても僕は決してやめませんでした。

とりあえず自分には「ストリートナンパ以外何もない」と信じて活動したわけです。

365日ナンパをし続けた結果

海がきれいな画像

海がきれいな画像

服はそれなりにかっこよくw、髪はパーマをかけコンタクトに。トークは今も大したことはないと思いますが、女子相手なら負ける気がしないレベルまで成長、メンタルは最強ですw

ストリートナンパだけで80人以上の美女をGET。

 

それも普段の僕では関われないような女性たちとたくさん話し、口説いてきたから

メンヘラやニューハーフ、キャバ嬢・銀ホス・OL・キャリアウーマン・バックパッカー・モデル・外人といった方との死闘の末、手に入れた報酬です。

でもこれって僕だからできたわけじゃないんですね、

よく「マシーンさんは昔からそんな感じだったんでしょw」「僕はトーク苦手なので」「僕はマシーンさんほどメンタル強くないです!」

と言われるのですが、全くのナンセンスです。

 

見た目0、金ナシ、権威なし、トーク0の僕ですよw、

僕なんて人間界で言ったらかなり下層の人間、それがここまでなれたんですから、皆さんが本気でやれば余裕で結果出るでしょうw

僕が胸を張って保証します!うん!

 

そしてナンパ師特有の合流を通じて様々なナンパ師さんと知り合い、ナンパそのものよりみんなを驚かせたり勇気づけたり、新しい気づきをしてもらうことが一番面白いと感じるようになりましたw

合流中でも美人のみならず、男性・おばあちゃん・カップルに積極的に声をかける人でしたからw

君の名は

君の名は

「カップルと『君の名は』を観に行った!」と言うと必ず驚かれますw

 

合流してくれた皆さんから

「びっくりしました!」
「衝撃です!」
「ナンパってこんなしてもいいんだって学べました!」
「マシーンさんが3人組に頑張っていて勇気もらえました」
などなど多くの方から労いwの言葉をもらいました。

 

あまりにも異質なナンパすぎて知り合いのナンパ師さんから「マシーンはメンタルが強いというよりメンタルが無いwww」と言われる始末。

マシーンの名前の由来はここが出典ですw

 

全く知らない女性と知り合うことや超絶美女をゲットすることは2の次で、ブログや合流を通じて勇気づけたり、僕が矢面に立って女性に突っ込んでいったり、ナンパ師さんを驚かしてる状況が何よりストリートナンパを8時間する原動力となってましたね。

それによってストリートナンパを始める前に望んでいた

  • 知らない人と一瞬で仲良くなるコミュ力
  • 女性コンプレックスからの解決
  • 人の目を気にしたり人間関係で悩まないメンタル

を全て手に入れることで、実生活すべてが変わっていきました。

 

当時の自分は過去最高に輝いてました、「このままいけばものすごいことが成し遂げられるのではないかw」とワクワクしながらw

とはいっても神様はそんな簡単に上手くいく人生のレールを走らせてくれませんでした。

女子に困らなくなってから1年、僕は違う苦しみに出会うことになります。

 

毎日が同じ日々

大きな水たまり

大きな水たまり

 

「人生何も進んでねぇw、とゆうか毎日ナンパばかりじゃんw」

一見羨ましく思うかもしれません、けど当時の僕は糞悩んでました。

 

毎日を繰り返す必要なんてないし、繰り返したくもない。

声掛けの方法も変えてるし、実際ナンパのレベルも上がっている。でもランニングマシーンみたいにずっと同じ場所ばかりを走ってる気がする。変えてみても、それは別のマシーンであって広大な大地じゃない、みたいな。本質的には何も変わってない。

 

「ナンパに出れば何か見えてくるだろう、もしかしたらもっとレベルの高い相手をナンパするべきなのかな。」

何一つわからない僕はひたすら外に出て声をかけ続けました。

美人に声をかけお茶をしてゲット。女子からも感謝され一見最高の成功体験です!

でも僕は常に違和感を感じてました、それも高校や大学と違った違和感

成功してるのに、うまくいってるのにの違和感です、この違和感に僕は1年間苦しめられることになります。

 

なぜなら声掛けを変えても、好きなタイプを口説いても、自分の苦手なタイプをゲットしても、何一つ人生上手くいってる感じがしないのですから

一度、3ヶ月くらいナンパのフィールドから離れてみましたが、何も答えが出ませんでした。

 

見つかるはずがない、何もわからない、何に違和感を感じているのかもわからない。。。

どうすればいいんだ、、、

「新宿に10万隠したから見つけてみろよw」と友人にからかわれてる感じ。

 

そんな鬼悩んでいた僕に、尊敬するナンパ師さんから言われた一言が僕の滞っていた人生を滑らかにします。

 

「マシーンさんはヒーローに憧れているんじゃないですか?」

ドヤ顔の人

ドヤ顔の人

 

当時尊敬するナンパ師さんと真剣にお話しする機会がありました。

ナンパ師さん「マシーンさんの目標って何ですか?」

ボク「そうですね、、まぁいろいろと枠を突破して、、」

当時自分がいま何をしたいのか?何をすればいいのか?全く見えていなかった僕は、具体さのかけらもない回答しかできませんでした。

こんな回答まともな人から見れば、人生迷っていることに一瞬で気づくわけです。

 

ナンパ師さん「マシーンさんの過去について色々聞かせてください」

そう聞かれたぼくは、事細かに自分がどんなときに上手くいっていたか。楽しかったかを丁寧に話しました。

聞いてほしい気持ちと「どうにかしてくれ!」という、セルフイメージ鬼低い精神状態であったことに違いありません。

 

そんなタイミングでです。

ナンパ師さん「もしかしてマシーンさんはヒーローになりたかったんじゃないですか?」と。

 

そう、、、、、、です、、、、、ね!!!!!!!

そうですね

そうですね

今までの人生すべてがつながった瞬間でした。

  • なんで小・中あんなに楽しかったのか
  • 高校の頃なんであそこまで落ちこぼれたのか
  • 何を大学時代探していたのか
  • なぜナンパをはじめたのか
  • なんで女性より合流相手を楽しませたかったのか

 

パーッと目の前の視界が鮮明になった感覚に襲われました。

僕自身ナンパして女性の気持ちが分かった気になっていたけど、自分のことは何も分かってなかったんですね。

「ナンパにおける抽象度は高かったけど、人生における抽象度はめっちゃ低かったんだな」と。

 

再出発

再出発

再出発

その日のうちに僕はメンタルを鬼回復し

「よっしゃ!今日が俺の人生における再出発の日にするぞ!マジでヒーローなってやろう!」

とエフィカシーを高め奮起、2018年9月のことでした。

 

そこからは

「僕自身の武器であるナンパのフィールドを使ってメンタル・トークのみならず、そのスキルを日常生活・仕事・人生・人間関係に活かす、HEROESになるところまでお伝えしよう」

というベクトルへ意識が向き始めました。

 

全部ぶっとんでいただけじゃんw

ぶっとぶ

ぶっとぶ

そこで「カップルや男をナンパしたり、合流中にめっちゃふざけたり結局ぼくってなんなの?」

という疑問に対して、一つの答えが浮かぶわけです。

「あっ全部ぶっとんでいただけなんだなwぶっとんで周りの人に影響を与え、勇気や元気をとどけるというベクトルで活動していたんだな」と。

つまりは「ずっとぶっとび力を高め続けてきた人生なんだな」と。

 

そのツールなんてナンパに問わずなんでもよかったんだなと。

それならボクの得意なナンパを通してぶっとび力を伝えていけば、多くの人の人生を変えることにつながることは決まっています。

 

その時自分のナンパを伝えるブログやツイッター、コンサル生の中から、なぜか

  • ナンパを通じて自信を身につけ、仕事が余裕になったり
  • 全然関係ないジャンルの方から、連絡が来て仲良くなったり
  • ビジネスについて鬼のように語り合ったり
  • 会社を辞め、ひとりでビジネスを始めたり

 

と大きく人生を変えるようなイベントが起き始めたのも

無意識にナンパを通してぶっとびをお伝えしていたからだと腑に落ちました。

 

「これはガッツリ皆さんにお伝えしていくべきだ」

強く意識するようになった瞬間でした。

 

全員がぶっとんでHEROESになれる

ただの無口の高校生がナンパを通じて人生オモシロくしてこれたのも、全部ぶっとんでいたからだと。

つまりはナンパ仲間や女子や読者を勇気づけたり、元気にしたりしていたからであって、そういった環境がなければ無理だった。

そこにいつも仲間や人がいて、があったからこそ、ぶっとぶことができた。

一人でナンパをして踏ん詰まるのは当然だった

 

そしてコンサル生や周りの人が変わったのもぶっとんでいたからであって、自分だけでなく誰にでもできる方法論があるのだという確信を得ました

つまりはどんなスペックであろうと、どんな現状であろうと、”ぶっとび”という体感を手に入れることで人生オモシロくしていける!ということです。

 

それならそんな場を作るべきだと思ったわけです。

僕の周りには

  • ナンパを教えてるやつ
  • ネットビジネスをしてるやつ
  • セネガルで起業してるやつ
  • 一流企業で働いてるやつ
  • 海外ナンパをしてるやつ
  • 医者をしてるやつ
  • 学生してるやつ
  • 何もしてないやつ

 

などなどそれぞれやっていることは異なれど

全員社会の常識を破壊、エフィカシーを高め、HEROES、ぶっとびという体感を武器にめちゃくちゃ面白い人生に突入してるやつばかりですw

そんな奴らが増え、そしてその周りにいる奴にいい影響が及んで感化されるループってめちゃくちゃ面白そうじゃないですかw?

単純に日々関わる奴らがオモシロい人生送ってるなら、自分もオモシロい人生送るうえでめちゃめちゃ重要ですよね。

 

「おっし!これ全員がHEROESになって、それぞれがオモロイと思う人生となり、その周りの奴らにもいい影響を与えるループを作ったら、日本を問わず世界までも面白くなるに違いない!」と確信じみたマインドになっております。

そういったHEROESに突入するための小さなぶっとびや人生を大きく変えるぶっとびを総称して”正しくぶっとぶ”と呼んでいます。

世界を変える!人生が変わる!

ルフィー海賊団大集合

ルフィー海賊団大集合

全員がHEROESになる

最高にオモロイ人生にする

それぞれが自分の人生に責任をもって行動する

そうすることで日本や世界を大きく変えることができる

僕はそんな理念のもと、共感してくれる仲間を集めて、ぶっとびライン@コミュニティづくりに励んでおります。

 

まずは自分で人生をオモロクする肯定感と責任感を持って行動すること

「誰でもHEROESになれる!」と認識することからぶっとびは始まります。

つまりはエフィカシーを高めるということです。

そのうえでメンタルもコミュ力も高めて、周りの人を勇気づけ笑顔にすることをしていくなかで、自分のポテンシャルを大きく超えるオモロイ人生ループに突入してしまうのだと。

  • わからなければ聞けばいい
  • 地蔵してるなら合流してみんなでナンパすればいい
  • ナンパがうまくいかないなら、みんなで飲みに行けばいい
  • 仕事をやりたいなら仕事をするもよし
  • 時間がない、お金がなくてもいい

 

今現在がどんな状況でもそんなのどうでもいい

僕の考えに共感してくれて、僕のこの長い文章をここまで読んでくれただけで僕は嬉しいです!

 

ぜひあなたも僕の言うぶっとび力を体感してみませんか?

 

世界がパァーっと広がり、視界が鮮明になって目の前の女子を口説くなんてなんぼのもんじゃい!ってなりますからw

「おっおもろそうじゃん、なんか。確かにナンパについて何も考えていなかったし、ナンパを通して人間的にも成長出来て、それを人生レベルに応用できてなおかつ女子も抱ける世界見てみたい!体感してぇ!」

そう思ってくれるあなたがいるなら、今この時が自分を変える、歴史を動かす瞬間だと確信しております。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

*このページを閉じて、ライン@の続きの文章を読んでください。